2008年03月12日

超コンパクトな折りたたみ自転車

管理人は生まれも育ちも東園田で、
小さい頃から自転車を乗りまわして東園田周辺を駆け回っていた。(さすがに梅田まで自転車で行ったときは疲れたが…)

東園田は起伏が少なく、自転車で大概のところへは行けるので、町民の「足」となっている。

子供のころに比べて園田特有の田んぼの広がる田園風景は減り、代わり戸建住宅やマンションが増え、人口はかなり増加してきた。

そのため急激な東園田の自転車人口増加に対して、駅前の駐輪場が少ないのか分からないが、阪急園田駅前の放置?駐輪?自転車の数はすさまじいものがある。

そういえば管理人も以前通学で阪急電車を利用する際、駅前の駐輪場を申し込んだがいっぱいで、空きがでるのに何年もかかった記憶があるが、一度学校を卒業しても進学や就職でこのあたりに住む限り自転車はずっと使うものなので、空きはなかなか出にくいのかもしれない。

現に、私の従弟が駐輪場を申請しているが、なかなか順番が回ってこない。

業を煮やした従弟は、
超コンパクトな折りたたみ自転車を購入、それで阪急園田まで行き、それを持って電車に乗り込むという行動にでた。ショッピング先の梅田周辺や、通学先の大学でもその自転車を乗りまわしているらしい。今時の子やなぁ、と関心。

しかしよくよく考えてみると、この子がやっているライフスタイルはまさにこれからの地球環境や都市問題を考えると様々な解決のヒントが含まれているのではないかと思う。

・駐輪場の混雑解消
(駅前を広く、財布にも優しい)

・降車駅から目的地までの「足」に自転車が使える。
(エコロジー、財布に優しい)

私も梅田のオフィスへの通勤に折りたたみ自転車が使えないか検討中。

パーク・アンド・ライドならぬライド・スルー・ライド、新しいエコロジーの形を東園田から発信できたらなぁ、と思います。

その後、従弟に聞いたところ、

折りたたみ自転車を電車に乗っけて行くのは

「輪行」というそうで結構愛好者も多くメジャーなのだそうな。


また、電車の中ではきちんと折りたたんで、

専用の袋「輪行袋というらしい」に入れないといけないとの事。
(まぁ、他人に迷惑のかからないようにするのはマナーの上でも納得)

管理人の場合、通勤時に使用したいが、
ラッシュ時は他のお客さんに迷惑がかかるので
当然その時間ははずさないといけない。

フレックスで通勤ラッシュ後に出勤するか、
早朝に出勤するか、どちらかだけど、
うちの職場だと、やっぱ早朝出勤かなぁ…

これから暖かくなってくると、
早朝のチャリンコは気持ちいいだろうし、
めちゃくちゃ健康的でエコロジーな生活♪
いいことづくめかな!?



posted by 管理人 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 東園田生活を楽しもう
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12287570
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック