2009年02月02日

マスクで花粉とインフルエンザ対策

最近管理人は花粉症対策とインフルエンザ予防を兼ねてしょっちゅうマスクを着用している。

マスク自体は冬の到来とともにつけようかと思っていたのだが、つけていて人目が気になったり(自意識過剰?)、違和感があってあまりつけなかったり、持っていくこと自体を忘れたりと、あまり乗り気ではなかった。

しかし花粉症の季節が到来しつつあるのと、最近のインフルエンザの大流行や、将来の新型インフルエンザのパンデミックへの心配など、私もようやくマスクを習慣づけてするようになった。

今では逆につけていないと落ち着かない位である。

マスクにもいろいろあって、花粉症用やかぜ用といった用途別、立体型や四角い形といった形状別があるが、私はかぜ用のフィルターが入った立体タイプのやつを愛用している。

かぜ用超立体マスク

超立体なんちゃらというやつであるが、ぴったりフィットして、この時期温かくて良い。立体なので、口元と鼻の穴の周りに空間ができ、適当に湿度が保たれる。花粉症のやつより値段は高いが、より小さな粒子を補習する仕様らしく、これから花粉が飛ぶようになったときに期待大である。

posted by 管理人 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生活関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/26207963
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック